社会起業について

私自身、社会起業というものに以前は興味がありました。

社会起業というワードを知ら無い方のためにご紹介させていただくと、

社会起業家(しゃかいきぎょうか)は、社会変革(英: Social change)の担い手として、社会の課題を事業により解決する人のことを言う。社会問題を認識し、社会変革を起こすために、ベンチャー企業を創造、組織化、経営するために、起業という手法を採るものを指す。

ウィキペディア より

となっています。

実例を紹介すると、インドなどの性別身分制度がある地域の女性に対して、最適な賃金を払い、教育、職業訓練、貯蓄プランを指導することでその地域の女性自立を促し、その女性が生み出した製品を適正価格で販売。その売上から適切な利益を確保する企業という、まさに世界を良くするための企業です。

私の知っている日本企業の中ではマザーハウスというブランドがあります。そちらのサイトを拝見していただければ、社会起業に関する取り組みが具体的に解説されているので分かりやすいと思います。

しかし、何かそこまで高レベルな事をしなければならないのでしょうか?ここまで世のため人のためできる人はなかなかいませんし、少なくとも私にはかなり高いハードルです。私のやっている事と言えば、福祉施設に販売特典となる折り紙の製作依頼をしているだけです。

正直、この程度で社会起業と名乗ってしまうことは烏滸がましいのかもしれません。

私は最初、福祉施設作業者のためになるべく高い報酬で業務を依頼をしなければならないと考えていました。しかし、福祉施設のスタッフの方に話を伺うと、障害者の方は障害者年金をもらっているようですし、福祉施設自体も補助金など得ているようでそれほどお金に困っていない様子です。

さらにサポートスタッフの方に、作業者の方が日々こなしている業務内容を伺うと、地域の工場などから請け負った切削用カッター盤などへのシール貼り付けや、ボルトにナットを取り付けるような簡単な作業を主に行っていることを教えていただけました。作業される方は、時にその単純な作業をつまらなく思い、若干作業自体にストレスを感じる福祉施設作業者もいる様子でした。

その様子を見ている福祉施設のサポートスタッフの方は、時折作りがいや面白みのある創作系の作業を取り込み、創作した商品をバザーで販売するなどの工夫をしていました。そこに私のバラエティーに富んだ折り紙製作の依頼が入ったことでとても嬉しく思ったようです。

%e7%a6%8f%e7%a5%891

つまり、福祉施設が求めていたものは、お金よりもやりがいや面白みのある作業でした。

私ですが、福祉施設の作業者さんが製作した折り紙をサンキューレターと一緒に売れた商品やオリジナル商品に同梱発送しています。このサービスを提供することによって海外販売ショップの評価を伸ばすことが可能です。『本当にそんな事してショップの評価が伸びるの?』と思う方もいるかもしれませんが、内閣府のデータを元にご紹介させていただきます。

2007年データになるので少し古いのですが、日本の寄附金額はGDPの0.11%です。アメリカではGDPの2.2%、英国では0.8%です。2010年の日本の寄附金が8,822億円で2007年データより増えているとは言え0.2%を超えているとは思えません。

https://goo.gl/EyMOeu

日本では福祉施設の利益になっていることをお知らせするメッセージカードを添付しても『あぁ、そうなんだね。』ぐらいにしか思われませんが、欧米では通信販売で購入した商品の売上げ一部が福祉施設の利益に繋がっていることお知らせすることで『いいね!』と率直に評価する習慣が根付いています。

つまり、福祉施設作業者の方には海外の方に特典として喜んでもらえそうな物を製作してもらい、私は福祉施設を利用していることを海外のお客様に伝えることでお客様が喜ぶ。そして、私自身のネットショップの評価が伸びる。このサイクルも1つの小さな社会起業なのではないかと考えます。

この試みはどんどん真似される方が増えた方が良いと考えています。特に物販をしていると中国製品の安さは著しく、価格では中国や東南アジアの製品に太刀打ちできません。人件費どうしても高くなってしまう日本では、何かサービスなどの付加価値で今後は世界に挑んでいく必要があるはずです。

『日本の販売者から商品を買うと、福祉施設の利益になるサービスがついてくる!』

そう思わることで日本のイメージはよりよくなるはずです。地域の社会福祉協議会ですが、電話すると親身に話に応じてくれます。依頼内容が決まっている場合は最適な施設の担当者を紹介していただけるので、ぜひ活用してみてください。

img_0378

少し前、『ebay輸出で社会起業』というブログタイトルにしていましたが、知り合いより『好感度狙いすぎ…。』と言われたので、とりあえず社会起業に関する情報はSNSなどで細々と発信していこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする