英語は覚えましょう

a1504a71fc1c193e851481aef2fcb209_s

ゴールデンウィーク皆さんいかがお過ごしでしょうか…

という言葉は他の方々が多々使っているので木陰に置いといて。

私は来客対応してました。

お相手は、社員100名以上の会社の社長さん。

当日アポでした。

社長「あと3時間位でそっち行けそうなんだけど、行っていい?」

私「!? !!! はいッ!どうぞッ!」

その昔、学生と社長を引き合わせる企画がありまして、

私もいつかは起業してみたいという思いがあったことから、

企画に応募。

付き人のような感じで、社長の会社のイベントスタッフをやったり

社長の出張に同行したりなど、

4-5回ほど社長との時間を共有させていただきました。

それ以後、今回の連絡が来るまで8年ぐらいでしょうか…

再度会える事になりました。

当日は私の地元のシャレオツな喫茶店にご案内。

時間帯も微妙だったので、

店内は私と社長の2人きりでした。

社長は今私が何をしているか知りたかったようで、

私は淡々と現状を説明。

amazonの無在庫輸出の一般的な手法・構造なども説明しました。

社長「へぇー、そんなビジネスがあるんだぁ!なるほどねぇ~。」

社長「でもさ、海外と取引をしてるんでしょ。英語どうしてるの?」

私 「外注・SOHOさんを利用しています。」

その社長も事業を2つ行っていて、1つは貿易に関わる事業。

社長がトップセールスで交渉を行うスタイルです。

そして、一部の商品分野は、ほぼルートを独占しているような状況です。

社長「じゃあ、海外に行って交渉が必要になった場合はどうするの?」

自分「同行してくれそうな通訳さんと、信頼関係を構築しながら交渉していきたいと思います。」

社長「違う・・・違うよ!田舎君。」

私 「???」

社長「相手の外人さんは、君の言葉を聞きたいんだ。」

社長「ゆっくりでも、下手くそでも、相手は君の言葉を聞いて、取り引きするか決めるんだよ。」

社長「直接交渉しないと、相手はきっと君との取引きのテーブルには着かないはずだ。」

社長「だから、英語覚えて!」

話を聞くと、その社長が英語を覚えたのは30歳の時だそう。

アメリカに出張に行き、私の想定してるように通訳を通して

交渉相手と話をしていたそうです。

そうしたところ、通訳が突然「そんなこと言わなくていい」とか言い始めたとの事。

(通訳業務お願いしているのに、そんなこと言わなくていいとか意味不明ですが…)

おやっ?と思った社長は、

たどたどしい英語で交渉相手に話を確認してみたところ、

交渉内容が全く違う方向で伝わっていたとの事!

それに対して社長は物凄い憤りを覚え、

通訳なんか信じられない!英語は自分で覚えてやるッ!!

と決心して必死に英語を覚えたようです。

社長「田舎くん。事業をやっていると相手に迷惑をかける事もあるし

こちらが迷惑被る事もある。そんな時に重要になってくるのが信用だよ。

相手から何か被害を被った時に、

(そんな事知りません。通訳が適当に言っただけです。認識の違いです。)

とか言われたら嫌だろ?だから、外人さんとの重要な交渉は、君が君の言葉ですること。いい?」

私 「・・・はい。」

一時業績が悪化し、親会社に吸収合併されたような時期もあったようですが、

再度創業時の社名に戻し、手堅く業績を上げているようです。

来年は上場して年商50億目指すと言っておられました。

社長が行っている貿易ビジネス(輸入)は、

その分野で一時は参入者が増えたものの、

現在は社長の会社ともう一社の2社しか存在しないことが自慢。

生き残っている秘訣は、人脈による強固なパイプ構築していること。

やはり、改めて人脈なんだと実感です。

ビジネス自体のお話も、とても楽しそうに話されていました。

さて、私がなぜこの社長とお会いできたのか?

答えは手紙です。

会社設立時に社長宛てに挨拶文を送りました。

挨拶文を送って今回の連絡が来るまで4ヶ月かかりましたが、

社長はずっと「連絡しなきゃなぁ~」と思っていたようです。

ちなみに私は字が下手で、字の綺麗さは「下の上」ぐらい。

それでも、手書きで挨拶文を送りたいと思い、

何度か書き直しつつも、

手書きの挨拶状を社長に送りました。

20代の若い方で、何千万と稼がれている方はいます。

それでも、世界や日本の長者番付で世の中を回しているのは、

50代以降の方の方が多い。

その50代以降の方に、

シンプルにメッセージを届けられるのは手紙です。

利用しているペンは、蔦屋で購入したコレ↓

先端は油性マジック極細が万年筆ように加工されたような感じ。

紙に字を書くと少しザラつきを感じます。しかし、マジックのような先端なので、

カッターで自分好みの文字太さに加工出来るの事が特徴。

好みの文字太さに加工出来たら、

字が下手な人が書いても、

味っぽい字になるのが特徴です。

便箋セット+お好みのペンは、1000円もあれば事足りはず。

数万円の情報商材も購入も否定はしませんが

1500円程度の書籍を数冊読むことや、

使い安い便箋+文房具のセットの購入も費用対効果はとても高いと思います。

仕入れ先の会社や提携企業の方、

お世話になった方に手紙を書いてみるのはいかがでしょうか?

少なくともマナーさえ守って手紙を書けば、悪い方向には進まないと思います。

最後、少しアフィリっぽいブログになってしまいましたが、

次からまたebayのブログ書くつもりです。

1つでも人脈は大切に。

今日も長文ブログの閲覧ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする