お片づけと海外PL保険

c8e8e9cab3a6b9069249a9e1d1243cd0_s

昨日、デスクトップのショートカットなどを整理して

尚且つパソコン周辺も若干散らかっていたので、

パソコンの横に書類を立てるなどの整理整頓していました。

そして、パソコン横にある、

古いFAX送信状など色々見てたところ

ある事案が進んでいない事が発覚しましたwww

思い返せば今年の初旬。

一応、輸出ビジネスを法人化をしたので

もしもの事も考え、海外PL保険の見積もりをする事にしました。

googleで【海外 PL保険】と検索すると、

AIU保険会社や東京海上日動などの海外PL保険がヒットします。

そこで確か、東京海上日動(だったかな??)に

海外PL保険の見積もりをお願いしようと思いまして

電話しました。

電話内容はこのような感じです。

私「すみません、法人で輸出をしてまして海外PL保険を検討しているのですが」

保「お客様は商工会議所に加入されてますか?」

私「はい。入ってます。」

保「であれば、商工会議所の保険が一番安いと思います。」

保「この手の保険は大体中身が決まってまして、

殆ど商工会議所の保険に+αしたような内容になります。

なので、世間一般的に知られているような大企業でない限り、

商工会議所の海外PL保険が一番コストパフォーマンスが高いと思われます。」

↑ うる覚えなので完璧ではないですが、

確かこのような電話内容だったと思われます。

つまり、個人でガッツリ輸出していたり、

個人から法人成りして輸出ビジネスをしていたり

法人で新たに輸出ビジネスに取り組む場合、

必然的に商工会議所の海外PL保険を選ぶ事になります。

一応、個人事業主の時から商工会議所には入っていますので

電話して確認する事にしました。

そうしたところ、商工会議所の海外PL保険は

三井住友海上火災保険の地方統括支店が取り扱うようで、

そこに問い合わせるように言われました。

そこに電話したところ…担当となる30~40代の方が

この事案について対応して頂ける事になりました。

しかし、この担当の方ですが

電話の受答え時からテンパっている様子。

(これが後々問題になるw)

海外PL保険の見積もりには、

自社の輸出事情についての事前アンケートが必要になります。

ざっくりアンケート内容を書くと、

・海外での安全基準・安全法規に合致しているか?

・PL問題について専門に担当する社員がいるか?

・製品に安全装置が取りつけられているか?

などのような合計40項目の事前質問に対する回答が必要です。

それらを記載し、

FAXまたはメールで返送する事によって、

保険の見積もりが得られます。

が!

担当者にアンケートをお願いしたところ、

保険会社側のFAXが調子悪いらしく、

メールPDFにてそれらデータを送信してもらいました。

そして、それらのアンケートを記載し、

送られてきたメールに対して添付返信(2月下旬)

そして ↓

4月20日(☆イマココ!)

忘れられとるやないか!!w

見積もり来て無いww

自分も色々やってたらスッキリ忘れてたwww

2ヶ月と言うと、

SAL便で送った荷物が到着しなくて

ロシアの方が不安に思う時間ですね(遅w)

一応、ネットで調べたところ50万位らしいですが、

再度連絡してみたいと思います。

と言う事で、amazon輸出やebayで上手く稼ぐ事が出来ていて

オリジナル商品なども取り扱い始めている方は、

商工会議所の海外PL保険にお問い合わせください。

(このレベルの方であればご存知かと思いますが。)

いや、しかし忘れるって怖いですね。

多分、相手に事案を投げて、こちらが返答を待つ状態だったので

作業タスクから消したんでしょうね…。

こういう場合、一番怖いのは

担当者が退職し、尚且つ

事案が引き継がれていない事。

大手なので、そのような事は無いと思いますが

世の中には色々な方がいるので…。

1から説明とかホント嫌です。

作業タスクの管理、皆さんもお気を付けください^^

ちなみにアイキャッチ画像は勿忘草でした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする