物販ロードマップ

c37d7a0b09aedc753553aa53e9439805_s

せどりやアマゾン輸出やイーベイ輸出入

始める人も多いですが、撤退していく人が多いのも事実です。

何故そうなってしまうのか、なのか私なりに考えてみました。

やはり、一番の要因は将来が見えないからだと思います。

イーベイ輸出やアマゾン輸出でも、

ある程度やっていると、大体売れ筋商品が分かってきます。

ある程度パターンで分けると、

・薄利で今売れ筋の商品を売る(無在庫販売)

・再来月販売予定の予約新製品。

・90年代以前のレアグッズ。

みたいな感じでしょうか。

なんだかアドセンスでアクセスが伸びるネタとも似てますね。

・薄利で今売れ筋の商品を売る。

ebayでもamazonでも無在庫っぽいセラーさんを見つけて、

それらのリストをマネすれば結構売れるはず。

しかし、それらをゴッソリ真似すると、

中にはそのセラーのオリジナル製品も混ぜてあったりして

販売権利関係でBANされる可能性があるかもしれません。

もちろん、アカウントBANしたら、

モチベーションが一気に落ちるので要注意です。

大量出品もある程度用心深くやりませう。

・新製品予約

amazonの新製品予約をした事がある方は分かると思いますが

結構納期が遅れたりします。

多分、生産メーカーの体制が追いつかない事が理由かと。

発売予定日1月1日だったのが、

「メーカーの発表で遅れる事になりました!納期予定は2月1日です。」

みたいな感じになり

お客さんに「1ヶ月予定が遅れます。」と連絡後、

1月20日ぐらいで、「予約商品の納期は2月25日に変更になりました。ご了承ください。」と

しれっとアマゾンからまた連絡が来たりします。

もちろん、その度にそれらの連絡を、

予約してくれたお客さんに取り次がなければなりません。

このメール送信が意外と精神負担になったりします。

ある程度信頼関係が構築出来てるお客さんであれば、

仕方ないなぁ(´・ω・`) で待ってくれますが、

評価100未満でこれをやってしまうと、

「ホントに売る気あるの?!」状態になり、

評価が傷みかねません…。

・レアグッズは予算があれば問題ありませんが、

高価な物ほど売れないのが現状。

強気の高値で売っていた場合の商品回転率が落ちるのも正直キツイところ。

特に在庫抱えて回転率が悪いのは望ましくありません。

となると、その他の方法ではどうやって販売していくか?

結局のところ、専門商社というやり方がベストだと思います。

あまり商社と言うとピンと来ないかもしれませんが、

無在庫大量出品の何でも屋では無く、

属性の決まった商品を扱うという方向です。

属性を決めて、それらのamazonでまだ取り扱われていない商品を

地道に探して行くという方法です。

一見、大変そうに見えますが、 大変です。

しかし、自分の好きな商品でそれら交渉の話を進めて行くと、

結構楽しかったりします。

なぜなら、大人の社会見学になるから。

簡単な口述を元に工場に伺いまして、

自分がそれらの製品が好きな旨を語ります。

そうすると、結構企業の方は喜んでくれて、製造過程や裏話なども教えてくれたりします。

正直、メーカーは自社の商品を買ってくれるかもしれない人に

そんなに悪い扱いはしません。

(もちろん法人の方が心証良いですが。)

そして、画像を使う権利や、

海外で販売する約束をとりつけて行くという方法です。

一度やってしまうと結構簡単です。

今日もダラダラ長いブログになってしまいましてすみません。

もっと突っ込んだ内容は、後日掲載予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする