外注さんに作業マニュアルを渡すと、テクニックをパクられないのか?

外注化を踏み出せない人は結構多く、

その一つがメンタルブロックという事は多いようです。

1つめは、

今まで外注や人を雇った事は無く、どうしたら良いか不安という場合。

その場合、外注するかしないか考える前に、

まずはお願いしたい作業のマニュアルを作ります。

面倒ですが、自分なりに完璧な物を作りましょう。

それから外注化を考えます。

と言うのも、丹精込めてマニュアルを作ると、

「ここまで一生懸命時間をかけて作ったのに、利用しないなんて…」

と思うようになり、きっとそのマニュアルを使いたくなると思います。

あとはその遺志に任して、求人を出してみれば良いだけの事です。

インターネットで、いきなり外注をお願いするのが怖いという場合、

電話でお近くのシルバー人材センターに庭草の草むしりなどお願いしましょう。

これも立派な外注です!

http://www.zsjc.or.jp/

シルバー人材センターへの作業は、家周りの草むしり程度はオススメできますが、

庭木の手入れなど専門の庭師などにお願いしましょう。

大変な事になります、、、(実話)

あ、もちろんシルバー人材センターにネットビジネスの外注をお願いしてはダメですからね^^;

そして、2つめ。

自分の渡したマニュアルを利用して、外注さんが

丸パクリするのでは無いかという不安。

これについて私の見解は・・・

この先はパスワード保護となっています。


This is protected content.
:
:
Content Protected by SmartLogix

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする