ネットビジネスは戦争と似てる。

b0bfc10f68e1001f417e206b33e5efe6_s

相変わらずアメブロに投稿出来ない状況が続いているので、

少しは過激なフレーズを含んだ記事を書いていこうと思います。

第二次世界大戦、日本は米国に負けました。

物量的な問題や、日本の制空権への認識の甘さなど、

色々な要因があるとは思いますが、

私が注目したいのは、ソフト・情報面での敗北です。

日本の軍事暗号通信は、真珠湾攻撃時点から

米国に把握されていたという情報もありますが、

歴史的にも残っているのは、

米軍によるのミッドウェー海戦前の暗号解読です。

以下、Webで学ぶ 情報処理概論 より

 http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/episode/cipher.html

物量面で長期戦が不利な日本は、

戦力の潤いあるうちに、米軍に一時的な大打撃を与え、

早めに講和条約を締結しようと考えました。

その一方で、米軍は全国から科学技術者を集め、

日本軍の暗号解読に全精力を注ぎました。

(もちろん大量破壊兵器も開発していたけど。)

そしてある日、日本軍の急増した電信トラフィック量から、

日本軍がミッドウェー海戦をもって総攻撃を仕掛けてくる事を米軍は把握します。

適正戦力をミッドウェーに配置することが出来た米軍は、

歴史どおり日本軍に圧勝する事になります。

ざっくりした流れにはなりましたが、

これはネットビジネスで収益を上げているところにも当てはまります。

例えば、amazon輸出で大きく成果を伸ばしている人(企業)は、

独自の商品ランキング・在庫管理システムを構築し、なおかつ

常にamazonの情報収集・アルゴリズムの変更点に気を配っています。

その他、メルマガスタンドを提供する企業であれば

配信率を向上させるため、ゴミ箱行きにならないよう

配信方法と配信内容の危険なワードなどを常に解析しています。

もちろん、フリーメールのyahooメール・gmailの変更点にも気を配っています。

PPC広告やアフィリエイトを提供する企業であれば、

最上位に表示させる方法を常に解析し、

アドセンスがクリックされる配置・アドセンスの警告例を常に研究しています。

その点、情弱狙いの自称コンサルタントだと、

何かに付けてチョット優位な情報をヒミツにしようとします。

あとは、ひたすら初心相手の1からの解説。

しかし、弱小コンサルはノウハウの積み重ねが無いので、

ブログなどの内容は薄くなり、投稿は減ってきます。

戦争で言うとすでに重火器は無く、ライフルだけで戦っているような状況です・・・

その先にあるのは市場敗退という敗北。

ビジネス(戦争)勝っても、開発は続け無ければなりません。

それを辞めたとき、ノウハウは一気に旧兵器となってしまいます。

旧兵器ではいずれ負けてしましいます。

勝つために、常に積み重ねている。

1年以上いろんなセラーや見て来て、稼いでいる

ツール開発者やセラーの共通している点でした。

結局、思いっきり稼ぐためにはラクな部分は無さそうです ^^

なんだか、google検索に嫌われそうな記事になってしまったw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする