わたくし的、オークション用カメラ論

9a456ce6583ed0c683a90d11b3a28a54_s

今日はちょっとカメラについて。

ebayやamazon輸出(特に中古)に出品する際、

経験上、キレイな写真の方がよく売れます。

ebayやヤフオクで販売されている方も、そのように思われている・・・

と言うか、実践されていると思います。

最近は、スマートフォンでも十分な画質が得られますが、

ここはひとつ語らせてください。

カメラにも色々なカメラがあります。

スマホから始まり、コンパクトデジタルカメラ、高倍率ズーム型デジタルカメラ、

ハイエンドコンパクト、ミラーレス一眼、デジタル一眼。

そして、オークションを始めたい人が、

私に、『一眼レフを買った方が良いか?』と聞かれれば、

私は半分反対・半分賛成です。

エントリークラスのデジタル一眼レフで撮影すると、

バッチリ綺麗な写真が撮れます。

しかし、そのさらに上の数十万もするようなデジタル一眼の

AUTOで撮ると、どうも素っ気ない色合いで撮れてしまうことがあります。

これは、初期設定の目的の違いによるものです。

高額な一眼レフカメラになってくると、

プロやハイアマチュアカメラマンなどが、自分の目的に合った使い方をします。

それは、人物写真であったり、鉄道写真、山岳写真など

用途によって、設定が全く異なります。

その用途に合わせて、事細かく設定できるよう一眼レフは作られています。

つまり、高級カメラの100%の性能を引き出すためには、

カメラの知識が必要なんです。

これ面倒!

一方、コンパクトカメラでは、誰でも良好な写真が撮れるよう、

AUTOで撮影したものでも写真も明るく、鮮やかな設定になっている事が多いです。

*つまり、本来の色より、ややオーバーな色合いにしているという事。

手っ取り早く、商品写真を撮影したいのに、

カメラのイロハをいちいち学んでいるヒマはありません。

では、私がオークション用にどんなカメラを勧めるとしたら、

【中の下】以上のカメラです。

キャノン例で見ると、

SX700HS から IXY630あたりで良いと思います。

これらのカメラの特徴は、高感度センサー(*フィルムカメラのフィルムの部分)

を利用しているかどうかという点です。

高感度センサーの必要性についてですが、

太陽光と室内光では、明るさのレベルが断然異なります。

Wikipediaによると


・太陽光の日平均は32,000lx (32 klx) から100,000lx (100 klx)

・テレビ放送のスタジオは約1,000lx (1 klx)

・明るいオフィスは約400lx


カメラが蛍光灯の明かりで撮影するという事は、

太陽光で撮影する20~30倍ほど構厳しい条件になります。

そのためにも、高感度の映像センサーが必要になります。

強引に価格で見て行くと、コンパクトデジカメでは amazonで13000円以上のカメラ、

デジタル一眼であれば、エントリーモデル・初心者向けのカメラで十分です。

11000円以下のようなデジカメでは、iphoneに負けます。

*iphoneでは、5から暗みに強い高感度のイメージセンサーを搭載しています。

そのあたりを考慮して、カメラを選べば

手っ取り早くキレイな写真が撮れると思います。

ということで

・お金が無い・スマホはある > スマホで自然光撮影+dropboxでパソコンとデータ共有

・お金が無い・ぼろデジカメだけある。> 太陽光で撮影

・とりあえずデジカメを買い換えたい。  > 13000円以上のコンパクトデジカメ

・屋内で写真を取ると、写真がザラザラしてる>13000円以上のコンパクトデジカメ

・デジカメに詳しい > お好きなカメラをどぞ。

ちなみに、私より外部委託しているSOHOさんの方が、私より良いカメラ持ってます。

そして、案の定、写真の色味が青白い・・・。

SOHOさん宅に行けるものなら

行って、カメラの設定を最適にしてきたい今日この頃です。

長いブログ、お読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする