ebayからの警告 : MC010 Account Security Communication Partner Warningについて

先日、ebayで売れた商品に対して返品要望のメッセージが真夜中に入っており、そこから30分後ぐらいに、

位置情報 MC010 Account Security Communication Partner Warning

というメッセージが入ってました。

MC999など、位置情報MC***という警告はebay初心者時代から何度か見ていますが、毎回ビックリします。ほんとMCシリーズの連絡はサスペンドに関わるだけの情報にしてほしいです…。

どんな意味?

そのオーダーは不正な注文であった。

という連絡になります。『あなたの出品に注文が入りましたが、バイヤーのebayアカウントがハッキングされた事による注文です。よって、出荷しないでくださいね!というebayからの警告になります。

強制キャンセルされるので、追跡番号のアップロードやバイヤーへの連絡などができなくなります。

販売手数料は戻るものの、売り手も痛手

ebay販売手数料は強制キャンセルで戻ってきます。しかし、困った事にpaypalの支払い状況(支払い審査中など)は、キャンセルされずに継続状態のままです。こちら側でキャンセルしなければなりません。

先ほども記載したように、MC010の怪しい注文に対しては、ebay側がバイヤーとコミュニケーションが取れないようにするためリスティング&注文自体を丸々削除してしまいます。

ファイルエクスチェンジのような、出品データのバックアップを取ってあれば良いのですが、手持ち在庫を1個1個丁寧に出品しているような場合、再出品不可になるのでもう一度リスティングをしていく必要があります。

『もぉぉ~~~!』ってなります。

対策方法

バイヤーからのキャンセル要望には迅速に対応する。それしかありません。

特に今の時期、高額商品が売れますが、『やっぱりやめた!』となるバイヤーさんも多いので、そのような要望には迅速に対応しましょう。本当にキャンセル要望や返品要望を引き延ばそうとすると・・・

痛手を被ります。

私もebay歴は長い方ですが、返金や返品を渋るとネガティブ評価が付いてきたり、その取り消しに労力がかかったりと良い事はありません。初期消火が大事です。クリスマス前に返品物が届けば、原価で販売して現金化もしやすいので素早く返品を受け入れましょう。

またメールマガジン書きます。たぶん明日!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする