融資を成功に導く

融資を成功に導く

最近、地域の信用金庫から融資を受けました。ebay輸出の売上はほぼ無在庫なのですが、輸入販売も行っておりまして、今後は在庫を入れて一気に売り上げを拡大させるための資金調達になります。

信用金庫に対して『融資があった方が良いかな?』のような話しが出始めから、入金完了するまで約3週間というペース。ほぼほぼ信用金庫の方にお任せな感じではありますが、信用協会を利用して+市の制度を利用して、かなり安い金利で調達できたようです。感謝感謝。

なぜすぐに融資を得られたのか?

一番強い要因はこれです→ 継続50年を誇る老舗企業取締役からの強いプッシュ です。

その会社の取締役とは、最近よくご飯も行くような仲なのですが、色々話しているうちに輸入販売の拡大傾向で資金的余裕があった方が良いことにいち早く気付いていただき、『近々に融資入れておくべきだと思うよ』とアドバイスをいただけました。

その後、老舗企業の取締役は信用金庫の担当者の方に対して『ゼロイチ君の会社に融資してあげて。ウチと同じ金利で!』と一言伝えていただき、ドンドン進んでいった感じです。

地域の銀行担当者は地元の有力企業を定期的に巡回していて、金融に関する相談があればすぐに対応する感じです。

企業というは信用力が一番の強みなので、既に信用力のある老舗企業から推薦が入ると結構スムーズに物事が進んでいきます。ビジネスは借景を利用すると上手くいくと言われますが、改めてその意味が良く分かりました。

初融資は面倒くさい

『融資って面倒臭そうだなぁ』と思っていましたが、やはり面倒くさいです。

信用保証協会を利用する場合、経営実態を根掘り葉掘り聞かれるので、その資料なども用意しなければなりません。時間もかかります。しかし、それでも信用金庫の方が信用保証協会や市に対して取り次いでくれたので、かなりハイペースで物事が進んだように思います。

もしも老舗企業取締役のプッシュが無く、1から自分で融資を取り付けとなるとゾッとします。また、今回融資がスムーズ進んだ理由は、

  • 老舗企業取締役からの推薦
  • 今まで金融機関からの無借金経営
  • 経営状態も良好

という日頃の行いも関係していたようです。物販行う方は、このようなことも意識した方が良いと思います。

老舗企業の協力を得る方法

まずは商工会議所のイベントなどで社長の方々と知り合う必要があります。商工会議所のセミナーは、レジュメを読み上げるだけのとてもつまらないセミナーだったりしますが、時々役立つ事もあるので参加してみましょう。(時々経営ノウハウとか参考になることがあります。)

その時に、他の参加者へのご挨拶も忘れずに。

やはり数十年も会社を運営してきた方になると、少しの会話の中で相手が必要としている物や困っている事を瞬時に見つけ出し、それを助ける提案をすぐ出してくれます。その提案を受け取る場合、同等以上のお返しはしなければなりません。

私の場合、知り合った取締役の企業ホームページがWindows2000の時代を思い出すような古いホームページだったので、ワードプレスで新しく作り直す事を約束し、お互いに協力していくような流れになりました。

自分でワードプレスを構成できれば良いのですが、今の時代はHP作成できなくてもランサーズやクラウドワークスで簡単に発注できます。

例え、自分がワードプレスでホームページ作成ができないとしても、まずは自分用のホームページをクラウドワークスやランサーズで募集し、良い物が出来上がったら同じ物を提供する形でも良いと思います。そのレベルでも喜ぶ企業はかなり多いはずです。特に田舎は。

協力関係でwinwinに進める

ずっと稼げる方というのは恩返しや協力関係への持って行き方が非常に上手いです。このebayの輸出ブログ読んでいる方も一人で黙々と行われているか、誰かと協力して行っているか分かりませんが、人から奪うのではなく与えるという気持ちを続けていた方が、ビジネスを長く続けられると思います。

そう言えば、融資を主に進めてくれた信用金庫の方に、資金調達が終わった後でレッドブルを1本お渡ししました。そうしたところ結構喜んでいただけて、融資の仕組みや見せかけで安い金利と本気で安い金利の秘密など色々と教えてくれました!

レッドブル1本250~280円ですが、3000~5000円セミナー相当の内容だったと思います。このような気遣いで結構良い情報が得られますので、皆さんもお世話になった方などに試してみてください^^

最近ebayで売れている商品については明後日ぐらいにメルマガでお知らせします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする