作業を外注するとやり方をSOHOさんにパクられるのではないか?

外注に情報は盗まれるのか!?

先日、久しぶりにブログ問い合わせがありまして、電話で話たところ新鮮な気持ちになりました!『そう言えばそんな心配あったなぁ~』という感じです。

質問内容はこれでした。

マニュアルを外注さんに渡すとやり方パクられるんじゃないか?

A. そんな小さな事は気にしなくて大丈夫です。

自分の売れ筋商品がパクられる?

テラピークを利用すると売れた商品が分かり、すぐに他のセラーに真似されていきます。誰でも入手可能な商品はいずれパクられる運命にあるので、それほど気にしなくも大丈夫です。もっと真似されないように調達先や調達方法を考えていく必要があります。

自分が手間暇かけて作成したマニュアルの方法が真似されたらどうしよう・・・?

大丈夫!自分のマニュアルにそれほどの価値は無いです!最近では、ebayのプラットホームがSelllerHubになったり、amazon.comのセラー用メインページが日本語対応になったり、海外ECサイトもどんどん更新されていきます。

自分の製作したマニュアルは、いいとこ2年で改修しないと使えなくなります。自分の作成したマニュアル価値はどんどん落ちていくので、秘密保持に走っても得られるものは少ないです。

今、インターネットを探すと様々な情報が手に入ります。月会費のツールを利用した場合、日頃面倒な作業を解決してくれるツールもあります。

目指すべきは優秀な外注さんを取り入れていくということ

優秀な外注さんがいれば、アカウントの保持が可能です。アカンウントの保持が可能になれば、自分は次のステップに進めます。いつまでもリサーチや顧客対応に時間を取られていては一向に前に進めません。

機密情報はどのように守るのか?

今まで外注さんにパスワードやebayのIDなどをお渡ししてきましたが、特に悪さをされたような経験はありません。しかし、心配はあるので外注さんに業務をお願いする際は、

機密事項保持契約書にサインしてもらう

これを行っています。機密事項保持契約書は検索するといくつかフォーマットがあると思います。

https://goo.gl/OosZGm

これらのテンプレートから、ある程度自分の使いやすい物に修正して外注さんにお渡しすればOKです。この契約書ですが、私はサインをしてもらうという行為を重要視しています

『サインしたので機密事項を流出させた場合、問題発展した時に刑事罰重くなりそう??』

と思ってもらうために行っています。

サインをいただいた機密契約書は、郵送を利用しなくてもPDFで外注さんからメールで送ってもらえば問題ないです。

サブアカウントでお試し作業をお願いする

さて、今まで部分で情報流出に関する不安を解消してきました。

次は、どのような人をSOHOさんとして入れていくか?です。

これは正直、応募者とのメール受け答えでは分かりません。受け答えがとても丁寧で、やる気のある不器用さんもいたりします。

ここでとある軍人の格言

ハンス・フォン・ゼークトの格言より

  1. 「有能な怠け者」は有能であるが故に事の是非を決することができる。
    そして、怠け者であるが故に他人を用いて任せることもできるので上に立つ者として最適である。
  2.  「有能な働き者」は事を判断することはできるが、働き者であるが故に他に任せきることができない。 よって、上に立つよりも参謀として輔佐する立場が適当である。
  3. 「無能な怠け者」は自分で判断できないし、自ら動こうともしない。 よって、命ぜられたことをそのまま遂行する立場に適任である。
  4. 「無能な働き者」は自分で適切な判断もできないのに、勝手に動く。 これは、余計な事をして迷走する者である。

これ見て、なんとなく分かりましたでしょうか?アカウントの管理運営を任せたいのは②です。そして、外注さんとして最も避けたいのは④です。

マニュアルをよく読まずにドンドン変な設定で出品されてしまい大損をする。④の方の場合、このような事が起こる危険があるのでリスクヘッジをする必要があります。

サブアカウントを有効活用する

このような心配の回避方法として、サブアカウント有効活用があります。ebayではpaypalに5個のイーベイアカウントを紐づけられるはずなので(以前と変わっていなければ)、まずはサブアカウント上でかんたんな出品作業を依頼して、マニュアル通り進めらるか確認します。

そして、業務をお願いした外注さんが、サブアカウントの作業をペース良く進められるようであればメインアカウントの作業をお願いします。

特に④の方に限って人情味あふれるようなトークをしてきたりするので、メインアカウントで業務の依頼をスタートしてしまうと契約終了を非常にお伝えしにくいです(笑)

出品少ないようなサブアカウントであれば、『すみません。ebayの売上げ芳しくないので撤退することとなまりました。』と伝え、ebay撤退するような雰囲気で業務から引いてもらう事ができます。

ebayに対するやる気がなくなったとしても

ebayで輸出ビジネス始めようと思ったけど、やる気が続かない?

いいんです。自分がハンス・フォン・ゼークトの格言①であれば。外注さんを見つけていって、②のタイプの優秀な方が見つかれば、ebay販売は自ずと良い方向に向かいます。

あとは仕入れ先開拓など他のセラーが真似できなような部分を一歩一歩構築していきましょう。

またeパケットライトの手順などブログを更新していく予定です。遅くなるかもですが(^^;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする