ebayに必要なマインド

e60838dd60d44297394c60cface29a49_s

ヤフオクとebay、言語の違いはありますが、起こる問題はだいたい一緒です。

梱包が潰れてたとか、思っていたより小さいとか、思っていた物違うとか…。

そして、それぞれのネットオークションでも、

世の中にはいい人や悪い人、不思議ちゃんが存在するという事が分かると思います。

更にとんでもなく理不尽な思いをする事もあります。

以前、セミナーに参加したとき、偶然、2回とも隣りの席になった方がいます。

その方は、高額商品を2回送ったら、傷付いた写真が送られて来て、

【不良品】という指摘で2度チャージバックを食らったようです。

これ・・・日本人に対する嫌がらせだったのでしょうか?

その話を知っているせいか、はたまた自分が用心深いせいか、

私が高額商品を発送する際は、商品の写真や発送ラベルの写真、

ダンボールの状態写真を撮影するようにしています。

そして、paypalから、「バイヤーがクレーム開いたよ!」

という知らせがあれば、発送伝票のコピーはもちろん、

出荷前の写真を、paypalやバイヤーに対してデイリーメールのように送信し続けます。

とにかくもう、全力アピールです‼w

ebayでは、販売すると落札手数料が取られ、

さらに入金時にpaypalで手数料が取られます。

しかしそれは、その分、仲介業者が入ってくれているという事。

これらを有効活用しない手は無いですね!

基本的に、こちらは英語が上手く無いので、

とにかく証拠となりそうなイメージを送信します。

むしろ、証拠となりえないイメージまで送信しています。

ebayを実践されている方なら分かると思いますが、

ebayは結構適当ですw

なので、バイヤーとセラーで問題が発生した場合、

どちらかウルサイ方が優位な気がします。

1枚の写真でクレームを展開しているバイヤーに対して、

こちらが10枚程の証拠写真やイメージを送信して、

正当な理由をアピールし続ければ、

かなりの確率でこちらに有利な判断が下ります。

おかしい事はおかしい!

海外と取リ引きをする上で、理不尽なクレームに対しては

突っぱねる器量が必要です。

それと、ebay序盤で悪質クレーマーに遭遇しないための若干の運も必要。

結局新しい事を始めると、予想外の事は多々起きますが、

絡まった釣り糸を解くような根気と、

自分がラッキーだと思い込んでしまえば、

意外とどうにかなるような気がしています。

運気については、この実験記事が面白いと思うので確認してみてください。

http://buzzhouse.jp/article/30960546372266400

やっぱり、ポジティブシンキングって重要なんですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする