返送商品の輸入関税は取り消せないのか?

国営郵便以外での返送品に注意!

少し前、UPSから謎の請求書が届きました。

内容は輸入関税の請求とのこと。

輸入も時々することはありますが、UPSを使った事が無いので身に覚えがありません。

そもそも輸入品目が『メディカル◯◯◯』のように記載されており、『え⁉医薬品…ドラッグ輸入してないし…。』と更に頭の中で?マークが連続します。

『UPSの事務処理ミスかな?』と思い、UPSに電話して内容をよくよく聞いてみると明らかに自社宛ての輸入で間違っていないようです。

そして、考えてみること数分。

ebayで過去に販売した、高額アクセサリーの返送品ということが分かりました。$650程度で販売した商品を、バイヤーさんが潔く$1000と高額記入して返送したため、多くの税額がかかってしまったことが原因です。

日本郵便の場合であれば、受取り拒否して修正申告が可能

このような事は以前にもありました。

こちらが『返品物(Return Goods)と書いて返品してくださいよ』とバイヤーさんに伝える前に、そそくさとUSPSで返品してきたために郵便局の配達員の方に関税を請求されたパターンです。

輸入関税がかかった場合

上の様式が関税請求書です。*指は配達員さんの指。

この場合の対応ですが、一度受け取り拒否してしまってOKです。そして、追跡番号と管轄となる税関を控えておきます。

その後、配達員の方が一度郵便局に戻られたら管轄税関に電話して、『今回関税請求された配送物は返品物です。それに伴う証拠書類を提出することができるので、再度関税検査お願いします。』と伝えます。

そうすると、『メールで販売・返送した履歴となる証明を転送してください』と教えられるはずなので、そのメールアドレスに証明となる書類をスキャンして送信します。

私が税関に送信したメールの内容です。

◯◯税関△△△所
◇◇様
****です。
先ほどは電話対応いただきありがとうございました。
改めて課税された流れですが、

① 当社が*月**日に商品を発送。
② 購入者がサイズ違いのため、*月**日に返品要求。
③ 購入者が追跡番号無しの、こちらの指示以外の方法で返送されたため関税発生。
という経緯になっております。
内容品は◯◯です。
返品されたダンボールを開封していただくと、
お客さんに抜かれていなければ、
折り紙と写真付きメッセージカードが入っているはずです。
また、ebay納品書も含まれているはずです。

以上お手数ですがご対応よろしくお願いします。

+ 添付画像4枚ぐらい

これで一度税関に戻った輸送品は再度税関チェックが入り、返品された物品と相異なければ非課税という形で再配送されます。

日本郵便で配達される場合は。

民間だと手順が違ってくる・・・

話を戻して今回の問題。

UPSの場合、先に荷物を渡されて後から輸入関税の請求書が届くという方式です。

そのため、ヤマト運輸で配達された海外発送品を『はいはいー』と受け取って、月末過ぎたあたりで関税請求書が送られてくる訳です。

そして、『ゲッ!これ輸入関税かかっていたの⁉』と思ったところで、UPSに電話すると

『一度受け取ってしまった物を再度税関審査を依頼する場合、お客様の関税額と近い1万近い諸経費用がかかります…』と伝えられます。

なんという罠。。。

しかし、自分はサンプル品の輸入なども時々している訳で、どれが返送品でどれがサンプル調達した荷物か日々荷物を受け取っていると訳が分からなくなります。中国企業にお願いしたOEMサンプル品の発送がシンガーポールやマレーシアからの発送だったという事もあったりして、発送元が中国のみを受け取るという訳にも行きません。

という事で、返品は追跡番号を把握しておきましょう。いつ頃配達されるか把握しておくと無駄な輸入関税は払わなくて済みます。そして、できるだけ国営郵便での返送するようにバイヤーさんに伝えた方が良いと思います。

そんな訳で教訓。

日本郵便以外で、こちらの承認無く返送されてきた商品には十分に気をつけてましょう!

輸出専業ならよいのですが、輸入商品も入れている場合、この行き違い関税は必要経費として考えておく必要があるかもしれません。

皆さんもお気をつけください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする