ebayのinvoice(インボイス)はプリントできるのか?

ebayのinvoice(インボイス)はプリントできるのか?

EMSやフェデックスで海外に荷物を送る際、発送書類で必要になってくるものがインボイス。

結果から言うと、未払いのバイヤーに対してはebayからインボイスを送信することができますが、注文してすぐにお支払いしてくれたバイヤーに対してはインボイスを送信できません。

また、未払いのバイヤーに対して送ったインボイスも、国際輸送に必要インボイスとしては利用できません。

手書きラベルで送る場合は、日本郵便などの定型invoiceフォーマットをプリントするか、郵便局で別途もらう必要があります。

イーベイでしっかり販売している人は手書きで配送ラベルを書いてる人はまずいないので、

日本郵便のオンラインラベルebayのオンライン発送ラベルで宛先入力からインボイスまで一括出力で作成して利用しています。

ちなみに下が未払いのバイヤーに対して送信した場合のインボイスになります。

ebay インボイスjpeg

そして、こちらがバイヤーのメールアドレスに届いたインボイス。

ebay インボイス

品目と個数、価格しか記載されていません…。

送り主から+受け取り主の住所、品目、価格、個別重量などの詳細情報が記載されているわけではないので、正規のインボイスとしては利用できません。

一刻も早く面倒な手書きのEMSの配送ラベル+インボイスをやめるためには、なるべく早くオンラインラベルに登録して、一括出力できるようになることをオススメします。

・まずは各会社毎にご確認を

フェデックスやUPS、DHLなどのクーリエを利用される場合は、各会社のカスタマーサポートに連絡すると、適したフォーマットのインボイスを転送してくれるはずです。

メールで問い合わせすると、そのメールに運送会社に適したフォーマットのインボイスを添付して返信してくれる可能性が高いので、メールでの問い合わせをオススメします。【電話で口頭でのメールアドレス伝達は結構大変なので。】

という事で、インボイスは荷物を送る会社によって適したフォーマットが異なるので、各会社毎に適したinvoiceを確認しましょう。

特にクリスマス前のホリデーシーズンなどは、USPSなどの国営郵便を嫌がり、フェデックスなど民間の運送会社を好むバイヤーさんもいるので、オプションとして用意しておくと良いと思います。

見出しの画像、「エンジニアなんだからFAXも直せるでしょ?」使ってみました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする