【休日設定】ebayの休み設定【休暇設定】

【休日設定】ebayの休み設定【休暇設定】

ebayで販売をしていると、お盆や土日、年末年始など一時的にストアを休店することが必要になってくると思います。今回はそんな休日の設定についての紹介です。

自分でも設定方法忘れることが多いので備忘録もかねてます。

※ 2017年 Seller Hubプラットホームの追記。

まずはアクティビティからSellを選択

ストア管理画面へ

Manage my storeをクリック

Store Vacation Settingsをクリック

ebay 休日設定 休暇設定

Turn OFF を Turn ONに

とりあえずTurn OFFをTurn ONに変更すると設定完了です。

ebay 休み設定

①Hide and block purchases from my fixed price listings(オーダーをブロックする)

チェックが外れていると、休店しているのにオーダーが入ってしまいます。

②Display a return date  (いつ休店から戻るか?)

厳密な日程でなくても良いので、設定しておくと親切です。

メッセージ欄

いつからいつまで休暇と記載しておくと無駄な問い合わせが減ります。ポイントは大きい文字に設定すること。小さい文字だと外人さんは読んでくれません。

バケーションセッティングをONにしておけば安心なのか?

いいえ。休暇設定をしても既に商品を販売したバイヤーから問い合わせが来ることがあります。

よくあるパターンが、クリスマス前の11月半ばから12月上旬にかけて全力販売+全力発送して、クリスマスから年末年始あたりはゆっくり過ごそうと思っていた矢先、12月20日ごろから『商品届いてないんですけど?』連絡が頻発すること。

返金や受取拒否するようにバイヤーに連絡していると・・・落ち着きません。

クリスマスを過ぎると頻度は落ちるものの、やはり11月から12月にかけて多く発送していた場合、年末年始も『11月下旬に注文した商品まだ届かないんだけど…』という連絡が来たりします。

海外や実家に行く場合は、wifiが使える環境でバイヤーからの連絡がきたら即座に返答できるようにするか、または、いつも業務をお願いしている外注さんの報酬額を多めにして、問い合わせ解決チャートを作成して渡しておくことをオススメします。

ということで、ebayは休日設定をしても今までの販売先からの連絡に対しては気をつけてください。値引き交渉や商品の問い合わせについてはバケーション明けの対応で問題ありません^^

こちらの動画は2016年版なので少し古いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする