国際eパケットの登録・料金表

国際eパケットの登録・料金表

まず、国際eパケットの利用を検討中であれば、1日でも早く

こちらから登録します

1. 個人または法人で登録内容を入力して進めてください

国際eパケット

登録しても楽天のような売り込みメールが届く訳ではありません。3カ月に1度ぐらい日本郵便 + どこかのEC企業とのセミナーのお知らせが届く程度です。ebayの担当者がスピーカーとして登場するするようなセミナーも時々あるので、チェックするようにしましょう。

2. 国際郵便マイページサービスに登録したら

迷わずパウチを発注しましょう!

国際郵便マイページサービス

5枚でも50枚でもお金はかからないので請求枚数は50枚にします。

(パウチの請求から発送まで2営業日前後、到着までに5営業日前後かかります、前もってご請求ください)

↑これが国際eパケットをすぐに使えない理由になります。パウチが無いとオンラインラベルで印刷した伝票は使えません。また、郵便局の窓口ではパウチはもらえません。

3. 国際eパケットのポイント

  • 50g以内の荷物であれば、追跡番号付きで一番安く海外に送れる
  • 転送速度が安定している(通常のエアメール扱い)
  • パウチ切れに注意する!(無いと送れません)

料金体系はこのようになっています。

国際eパケット 料金表

第1地帯

アジア圏、グアム、ミッドウェイ、パラオ

 第2地帯

オセアニア、中東、アメリカ、カナダ、ヨーロッパなど

第3地帯

南米、アフリカ圏

50 g 530 560 580
100 g 580 635 685
150 g 630 710 790
200 g 680 785  895
250 g 730 860 1,000
300 g 780 935 1,105
400 g 880 1,085 1,315
500 g 980 1,235 1,525
600 g 1,080 1,385 1,735
700 g 1,180 1,535 1,945
800 g 1,280 1,685 2,155
900 g 1,380 1,835 2,365
1000 g 1,480 1,985 2,575
1250 g 1,700 2,255 2,945
1500 g 1,920 2,525 3,315
1750 g 2,140 2,795 3,685
2000 g 2,360 3,065 4,055

*2016年8月時点のデータです

SAL便を小型包装物で送る場合は、100g、200g、300gと全て100g単位で刻まれていくのに対して、国際eパケットは250gまで50g単位で刻まれていることがポイントです。

例えば、143gの荷物を送る場合、SAL便の書留は200gまでの価格帯となり690円。国際eパケットなら150gまでの価格帯なので710円になります。当然、早く到着した方がお客さんの評価も良好になります。250gまでは積極的に国際eパケットの利用をオススメします。

発送件数が多い場合、月300枚のまでのパウチだと足りなくなるかもしれませんが、なかには家族の名前で追加請求している人もいるようです。また、外注やSOHOさんに発送をお願いする場合も、SOHOさん外注先で直に請求してもらった方が効率的です。

以前に比べてEMSが値上がりした現在、国際eパケットは配送スピードとコストを兼ねそろえた個人輸出の救世主です。上手く利用してみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする